Google AdSenseの審査通過に向けてすること

2019年5月29日

グーグル・アドセンスの審査を通過するためには、まずは準備が必要で無為無策で挑むわけには行きません。

とりあえず、何をすれば良いのか、しなければ行けないのかということを事前に下調べした上で準備を進めていくつもりです。

Google自体が審査の基準を公表しているわけではありませんから、これをすれば絶対に通るというものはないものの、情報収集をしていると通過をしている人はこのようなことをしていて、落ちている人はこれが足りないという部分が見えてきました。

私の方針としてはあれもこれもやると手一杯になって挫折をしてしまいそうなので、最低限これをしたら審査に通過をしたという人のやり方を参考に、できるだけ簡単な方法でまずは試していこうと考えています。

単なる手抜きとも言えますが、最低ラインみたいなものがはっきりしたほうが情報源としても有意義だしね。

これは絶対必須と思われるものには

・独自ドメイン

・プロフィールの設置

・プライバシーポリシーのページの設置

・お問い合わせページの設置

以上がまず考えられます。

これらがなくても審査が通ったという話も見ないわけではありませんが、落ちた人がこれらの部分を手直ししただけで通過できたという話もあるので、重要性は高い部分ではないでしょうか。

独自ドメインは以前は独自ドメインでなくても通過できたらしいのですが、2019年5月現在ではそもそも独自ドメインでなければ、審査を受けることができないという話もあります。

将来的な運用のしやすさを考えても、独自ドメインはとっておいたほうが良いと考えたので、独自ドメインを取得してまずはこのブログを立ち上げることにしました。

プロフィールの作成は特に考えなくても作る予定でしたから、この辺も問題ないでしょう。

プライバシーポリシーのページの作成は文面を考えるのが難しそうなので大変そうですが、テンプレートが用意されていてそれを貼り付けるだけでも通るという情報があったので、それで試してみることにします。

別の話ではコピペ判定を受けてペナルティになるというのもありましたが、その情報の確認を含め最初は簡単な方法で試して行きたいです。

お問い合わせページの設置も重要のようですが、これはプラグインで簡単にできるようなのでひとまず問題なし。

さしあたってポイントになりそうなのが、この辺りなので最初はこの部分を意識してブログづくりをしていきます。

その上で記事数の充実と一記事あたりの文字数を重視していく方針です。

絶対ではないが、重要そうなものとして記事数と一記事あたりの文字数があり、ある程度記事が充実していないと、審査に通らない可能性があるとのことです。

記事の数はそれほど重要ではないという話もありますが、予想としてはどちらも正しく、ブログとしての情報の価値が薄ければ審査を通ることができないし、記事が少なくても内容が充実していて価値があると判断をされれば通過ができるのではと読んでいます。

文字数はあくまでも結果であり、情報が充実していれば結果的に文字数も多くなるので、ある程度の文字数があるサイトが審査を通過しやすく、逆に少なければ審査落ちになってしまうのではないでしょうか。

果たして、こんな簡単なことで上手くいくのかはわかりませんが、成功した先人たちはたくさんいるようなので、同じ道のりをたどっていきたいです。